車を安く修理する3つの方法

車の修理費は車の破損状態によって違いますが、決して安くはありません。

できるだけ費用を抑えたいですよね。どうすれば安く車を修理できるのでしょうか。

 

見積もりを取る

ilm2007_02_0126-s

修理費用は業者によって違います。※( 一番安い板金修理見積もりの詳細 )

できるだけ多くの業者で相見積もりを取って安いところをみつけましょう。

見積もりを取った際、内訳も確認して疑問点があれば質問してください。

一般的にディーラーは高く、チェーン店は安い傾向があります。

修理工場は安いところもあれば高いところもあります。

 

中古部品を使用する

ilm2009_02_017-s

業者に依頼するとき、「部品交換なら中古部品(もしくはOEM品)にしてください」とお願いしてみましょう。

安い部品を使うことで修理費を抑えることができます。

ディーラーは中古部品での修理に対応していないことがあります。

 

自分で直す

ilm14_bf01001-s

自分で直せば安くなります。簡単な部品の交換なら自分でできます。

ホームセンターやカー用品店で部品を購入できます。中古の部品を利用するとさらに安くなります。

傷消しも自分でできます。傷消しようのキットが販売されているのでそれを使って修理します。

修理方法はYouTubeなどで確認できます。失敗してもやり直せばよいのです。

 

まとめ

 

安さは大切ですが、仕事が雑になってはいけません。

・接客がしっかりしている

・お客様の要望に応える

・どんな修理にも対応している

・賑わっていて活気がある

これらの条件が当て嵌まる業者は丁寧な作業をしてくれます。

大きな店舗が良いとは限らないので、見た目だけで即断しないように気を付けて下さい。

 

ディーラーよりも修理工場が安い理由

 

ilm2007_03_0101-s基本的にはディーラーに修理を依頼すると基本的には割高になりますので、「かかりつけの民間工場を確保する」のがお勧めです。

ディーラーでは全て純正部品を使用する場合が多く、会社的組織も大きいため工賃が全国規模で決まっており、値下げ交渉などの融通がききにくいからです。

民間工場では全て純正部品を使用するわけではありません。

 

修理する箇所にもよりますが、民間工場であれば純正同等品質のOEM品というものを使用し、「品質も良く価格も格段に安い」部品を使用した修理をすることもできます。

ディーラーでも可能ですがとにかく純正部品を勧めてくるため、車に知識の無い方は説明されるとそのままお願いすることが多いでしょう。

 

ゴムパッキンなどの細かい消耗品は部品代が数百円~数千円程度と安いため、純正品もOEM品も価格に大きな差はないためどちらでもいいと思います。

しかし数万からの高い部品になってくると、部品代だけで1万円以上違う場合もよくあります。

 

民間工場の良し悪しの決め方としてはいくつか訪問して見積もりをもらって見比べ、家族や知り合いに車に少し詳しい方がいらっしゃると思いますので、どこが最適な見積もりを出してくれている工場なのかを相談してみると良いでしょう。

 

車の修理代を一番安くするコツとは

 

aji車の修理にかかる費用は下調べをしておく必要があります。

1業者に提示されるがままの金額を支払うと必要以上に高いケースが多いためです。

 

なるべく安く修理をするために考えることは相場の金額を確かめて段取りを決めましょう。

事前に「見積もり内容を比較してから判断する」ことが重要です。

 

車の修理は業者によって作業の手順などが違うためメールで気軽に相談してみましょう。

様々な理由などを付けられて多くのお金を請求されないように予備知識を知ることは大事な事です。

 

車の修理代を知るには「板金修理の一括見積もりサイト」を使う方法が有効です。

「どれくらいの予算があれば足りるのか?」

 

大凡の目安を知ることが出来ます。

これで今後の予定や方針が決めやすくなるでしょう。

 

車の修理を安くする3つのサービス

社名 板金査定.com 事故車買取タウ ズバット車買取
PR
用途 板金修理 事故車の処分 車を売る
詳細 r01_shousai_red r01_shousai_red r01_shousai_red