新車ヴィッツを早速凹ませて12万円の修理

主婦の私は普段の買い物や家族の送迎の際にトヨタの「ヴィッツ」という車を愛用しています。

ヴィッツが納車されてきてまだ一ヶ月足らずでほとんど新車の状態の時、私の不注意で電柱に車をぶつけてしまい、大きく車体の左側のドアをへこませてしまったり、左側の電動ミラーが壊れて、衝撃でなんと外れてしまいました。

 

左折する際に曲がりきれずに電柱にぶつかってしまったのですが、幸いにも怪我はありませんでした。

狭い路地で電柱が飛び出ている道だったので私の完全なミスですが、家族も同乗していなかったですし、誰も怪我させなかったというのは不幸中の幸いかもしれません。

 

ただ、車は非常にダメージを受けてしまい、ドアの修理代や電動のミラーを完全に交換する必要があったり、修理代は12万円程度かかってしまった思い出がありますが、加入していた自動車保険によって金銭的な出費は賄うことが出来たので良かったです。

 

事故ってしまって車を大きく凹ませてしまってすぐ、いつもお世話になっているディーラーへと速やかに連絡を入れました。

購入したお店の担当者さんがすぐに修理を引き受けてくれて、修理で愛車が戻って来るまでは同じ車種の台車を手配してくれたり、非常に心強い対応をしてもらい嬉しかったです。

 

車の修理は安く済ませたい場合や手早くスピーディーに行ないたい場合にはディーラー以外で行なう方法もあるとは思いますが、ミラーが外れたりドアがかなり大きく凹んでしまうほど規模が大掛かりなキズやへこみだったので、安心感や信頼感の高さのことを考えてディーラーを活用して修理を手配してもらいました。

 

およそ8日ほどで修理が完了し、新車同然になってピカピカの車が戻ってきた時は本当にほっとしました。

 

愛車ヴィッツ!冬のトンネルの中で事故を起こす。

 

私が乗っている車はトヨタの「ヴィッツ」です。

2年前の冬に事故を起こして車を修理に出しました。

 

私はトンネルの中を走行していました。

前には車も走っていて、結構道路は混んでいました。

 

真っ直ぐな道だったので、特に警戒せずに走っていましたが、前の車が突然車線変更をしました。

私は気にせずにブレーキもせずに走りましたが、前の車が居なくなった瞬間に横たわっている車があり、避けきれずにぶつかってしまいました。

 

私の2台前に走っていた車がガードレールにぶつかったみたいで、その次に走っていた車は上手く避けたみたいです。

しかし、更にその後ろを走っていた私はブレーキもせずにぶつかってしまったので、お互い車は破損してしまいました。

 

私の車はエンジンが動かなくなってしまって、2車線の道路の真ん中で動かなくなってしまいました。

困っていると数人の男の人が駆け付けてくれて車を手動で安全な場所まで動かしてくれました。

 

初めての事故だったので、その後どうしたら分からずに夫に連絡しました。

夫は自動車用品店に勤務していて車のことは詳しいので、まず夫に連絡しました。

 

夫の指示に従い車検書を見ながら保険会社に連絡をして、レッカー車が来てくれることになりました。

しかし、冬の時期だったので込み合っていたのかなかなかレッカー車は来ず、外で凄く寒い思いをしました。

警察官の人にジャンバーを貸してもらい、寒さをしのぐことが出来ました。

 

修理は夫の勤務している関連会社にお願いしました。

修理費用は50万円くらいでした。

 

ぶつかった所は綺麗に直してもらいましたが、ナンバープレートは再発行をお願いしないといけないみたいで、未だにボコボコしています。

 

ヴィッツを傷付けてしまった駐車場での出来事

 

私は車の運転が得意ではありません。
しかし通勤する際にどうしても車が必要で、当時手頃な大きさで人気のあった「ヴィッツ」を購入しました。

 

私が勤めていた会社はサービス業で売り上げを1日1回のペースで銀行に入金しに行かなければなりませんでした。
その日はあいにく銀行の駐車場が混んでいて空いているスペースは1台分だけ、しかも駐車しづらい場所にあったのです。

 

それでも無事に駐車する事ができたのですが、車を出す時に駐車場の建物の柱で車体をこすってしまったのです。
バックで出した時にめり込むような音がしたので車に傷がついた事はわかっていましたが、恥ずかしさから柱が無事だった事を確認するとやっとの思いでその場を離れました。

 

会社に帰って車を見てみると車体の後方に傷が入りへこんでいたのです。
車の事に全く詳しくなく、どうして良いかわからなかったので友達に相談しました。

 

友達の彼氏は車好きで修理を引き受けてくれる修理工場まで一緒に連れて行ってもらったのです。
修理費用は7万円位かかりましたが、おかげで車体の傷やヘコみもなくなりました。

 

それからも運転はしてもいますがやはり上達はしておらず、車の運転自体が好きではありません。
ただ新しく車を購入した時にバックモニターをつけたので以前よりも駐車する際に苦労はしなくなりました。

 

これからまだまだ車を運転しなければならないので気をつけて運転をしようと思っています。