ファンカーゴで運転に慣れてきた時期の事故

車の免許を取って1年目の話です。

トヨタの「ファンカーゴ」を新車で購入し、通勤などにも使っていました。

 

最初は慎重に乗っていたのですが、1年経った頃には慣れが出て、注意することを怠り始めていた気がします。
そんな時、休日に一人で車で買い物に出かけました。

少し予定より遅くなってしまったので、急いで帰る途中、事故を起こしてしまいました。

 

片側3車線ある国道で車線変更しようとした時、後ろから来た車と接触してしまったのです。

もちろん、車線変更する際には後方から来る車はないか見たつもりだったのですが、死角に入っていたようで、私からは見えませんでした。

突然の衝撃が合った時には、もうぶつかっていました。

 

すぐに路肩に車を寄せ警察に電話したところ、車が走るようなら二人で警察に来てくださいと言われたので運転して行くことになりました。

私の車は運転席側のドアが少しへこんだぐらいで、相手の車も左前のバンパーが傷ついたぐらいだったので、問題なく走ることができました。

警察署でいろいろ事情聴取され、事故の書類を作ってもらいました。

 

その後、車を修理するため、加入している保険会社に連絡しました。

お互いの保険会社同士での話合いで、どういった支払いになるかが決まりました。

 

私が車線変更したがために起こった事故という判断が下され、8対2の割合で相手の修理代も私に負担がかかることになりました。

ですが、支払いはすべて保険で済ませることができたので、全くお金はかかりませんでした。

 

ただ、この事故次の年からの保険の階級がぐっと下がったので、以前よりも高い保険料を負担することになりました。