フォルクスワーゲン、ジェッタのリアバンパーを15万円で修理しました。

私は2006年式のフォルクスワーゲンの「ジェッタ」に乗っていますが3年くらい前にリアのバンパーを修理したことがあります。

 

ある日の夕方、もう少しで家に着きそうなのに何故かひどく渋滞しており別のルートで帰ろうと方向転換をしました。
道幅は広めで対向車は少なくちょっと油断していたのかもしれません、バックしていたらリアにドンと衝撃がありました。

 

降りて確かめると低いガードレールの支柱のようなものが歩道との境目に立っておりそれにリアのバンパーをぶつけました。

テールランプのカバーも割れてプラスチックの部品が辺りに散らばっていましたが人にぶつからなかったのは不幸中の幸いでした。

 

ディーラーで修理することも考えましたが、10kmほど離れているためブレーキランプが点かないとまずいと思ったので近くの修理工場をインターネットで探しました。
そして自宅からすぐ近くの修理工場に電話して翌日車を持って行くことにしたのですが、果たしていくらかかるのかとても不安でした。

 

翌日見積もりをして貰ったところ修理の内容はバンパーの交換とブレーキランプ、およびカバーの交換となりました。幸いにもボディーなど板金部分は無傷でした。

費用は税別で15万円で予想より安く思ったのですが結果的に修理には10日と結構時間がかかりました。
というのも、バンパーは色が付いていない状態で取り寄せて修理工場で塗装するとのことでした。

 

私の車の色は黒で、特に黒は塗装に時間がかかるようなことも言われました。

それからは運転にはとても気をつけており、バックモニターカメラを付けました。