リサイクルパーツには2種類あることをご存知ですか?

修理費用を抑えたい場合にはリサイクルパーツを活用

 

車は移動するために必要なものですが、長い間載り続けているとどうしても故障してしまう可能性が高くなります。

事故などで大きく破損をした場合には、正規のディーラーで修理を行ったほうが細かい部分まで確実に直るためお勧めですが、ちょっとした部品の交換などの場合にはディーラーでの修理は修理費用も高いためなかなか修理に出すことが出来ない場合もあるでしょう。

 

安く修理費用を抑えたい場合には、「リサイクルパーツ」と呼ばれる部品を使って修理を行うと、通常の修理費用の半分以下や、部品によってはそれ以上安く修理を行うことが出来ます。

 

リサイクルパーツとは簡単に言えば中古のパーツのことで、事故車や乗らなくなった車からパーツを取り外し、使えるものをもう一度再利用した部品のことを言います。

 

リサイクルパーツには「リユースパーツ」と「リビルトパーツ」の2種類があります。

リユースは部品をそのまま利用するのに対し、リビルトは磨耗したり傷んだ部分を取り替えて利用することになります。

エアコンやエンジンなどのリサイクルパーツは、中のガスを入れ替えしたり、エンジンの中の部品を取り替えて再生しますのでリビルト、サイドミラーやハンドルなど、再生を必要としない部品はリユースという扱いになります。

 

もちろんリユースでもリビルトでも綺麗に清掃してあるため、取り付けた場合でもそれほど違和感はありません。

むしろ修理費用を大幅に削減できるだけでなく、廃棄物を減らすことも出来るリサイクルパーツは近年利用者も増えているパーツだといえます。

リサイクルパーツを上手に取り入れれば、部品代を大幅に安くすることが可能になるでしょう。

車の中古パーツを購入して修理代を節約できる

自動車の修理を安くする方法は確かにある

 

自動車に乗っている以上、車が壊れてしまうこともあれば事故などに遭って修理が必要になってしまうこともあります。

保険を使って修理することができる場合もありますが、自然に壊れてしまった消耗品などはどうしても修理が必要になってきます。

自動車の修理代というのは決して安いものではなく、痛い出費となってしまうことも少なくありません。

 

自動車が修理を必要とするとき、そのままそれを無視して乗り続けるのは危険です。

それで修理には必ず出すことが大切です。

基本的にディーラーというのは一番信頼ができ、修理をきっちりとしてくれるところです。

しかしまだまだ使えると思えるパーツも、安全のためということで交換してしまうことが多いのも事実です。結果として費用は高くついてしまうのです。

 

それで一番よいのは知り合いや近所の修理工場かもしれません。

まずはチェックをしてもらい、どこが修理が必要か、あるいはどのパーツはまだ使えるかといった説明を受けるのです。

その説明から修理をする箇所を判断できます。

そしてディーラーと一般的な修理工場、この2つを見積もりしてもらい、安い方を選ぶことができます。

 

また修理に関しては「中古のパーツ」を使ってもらうという方法があります。

車の中古パーツはヤフオクで購入することが可能です。

時間はかかるかもしれませんが、ある程度費用を抑えることができますので、その点をお願いしてみるのも良い方法です。

中古パーツでも全く問題ないものばかりですし、目立たないところであればなおさらです。

いずれにしても交渉術というものも求められてくるところです。

 

車を安く修理してもらう為の2つの方法と事前に確認しておく事

 

車などが故障してしまった時の修理って意外と高く掛かってしまう事があります。

多少のものでも破損によって部品を取り替えなければいけないのですが、その部品が高額という事も珍しくないのです。

しかし修理するわけにもいかないので、出来るだけ安く修理したいと考えると思います。

 

そういう時に知っておくと良いのが、「部品を中古品で修理する方法」です。

中古品は使わなくなった車から部品を取り出しているので、見た目には全く問題のないものです。

傷などが気になる所ではありますが、そこは修理の過程で塗装などをしてもらう事によって全く問題なく使う事が出来ます。

その為にドアなど外から見える部分は中古にしても気にする事無く使えるのが良い所です。

 

しかし古いものですとあまり市場に出る事も少なく、中々手に入らない事もありますので注意が必要となります。

その為に中古品で修理してもらう場合には事前にその旨を伝えておく事が求められます。

入手できるまで時間が掛かるようであれば、対処法も違ってきますので修理に持っていく前にどのようにするのかを複数の所で聞いておくのもひとつの手です。

 

もう一つは傷の程度などによりますが、上手く修復してもらう事で安くする方法もあります。

この範囲には限度がありますが、新しい部品を入手するよりも修理を安くなる事もあるので、傷の状態などを見てもらう事で見積もりをしてもらうと良いです。

 

このような方法を使う事によって安く車を修理する事が出来るようになります。

車の傷を自分で修理する方法

自分でやるぐらいでないとずっと修理にお金が掛り続ける

 

どれくらいの破損なのかに依りますが、ちょっとしたモノであれば自分で直すのが一番安いと言えます。
ですが裁量判断でこれはプロに、と思うのであれば安くやってくれる所もあります。

基本的には施術する台数が多いほど安く出来ますから、人気店なんかを調べて見るのが良いでしょう。

 

でも傷やへこみなどであれば自分でやる事ですね。

特に傷の修理は頼むまでもありません。

 

今はホームセンターなどで「傷修理のキット」が売っているので、そういうモノを購入してください。

個別で必要なモノを買う方が安くなる事もありますが、やはり綺麗に直したいとも考えるでしょうから、一式になっている方が便利です。分からないなら尚更ですね。

 

工程としては、まず傷そのものをヤスリなどで綺麗にし、水や洗剤でで洗ってピカピカにします。

傷周りを広めにやっておく方が良いでしょうね。

乾燥させた後にマスキングなんかをして、塗料を塗って行きます。

 

塗料はホントに塗り付ける物や、スプレーがありますが、スプレーの方が簡単で一般的でしょうか。

後は乾かしてぼかし剤などの目立たなくするモノを使ったり、ワックスで磨いたりするだけです。

時間で言えば2時間掛らないぐらいだと思います。

 

へこみはちょっと技術的な問題もあって、「直せるレベルなのかどうか」、と言う判断が必要です。

自分で修復できる形状なら直せるのですが、そうでは無い場合が大半です。

その場合はプロに頼みましょう。

温めるとかパテで少しやるぐらいなら良いですが、それ以上だとちょっと手間の方が大きいです。

 

出来ない、と拒否する人も居そうですが、簡単なモノでも自分でやらない限り、ずっと修理をお願いする事になります。

自分で出来るほとんどの物は一回やれば経験値が蓄積されますから、トータルで考えれば絶対にお得ですね。

車を安く修理する3つの方法

安く車を修理するにはどうすればいいの?

 

車の修理費は車の破損状態によって違いますが、決して安くはありません。

できるだけ費用を抑えたいですよね。どうすれば安く車を修理できるのでしょうか。

 

見積もりを取る

ilm2007_02_0126-s

修理費用は業者によって違います。

できるだけ多くの業者で相見積もりを取って安いところをみつけましょう。

見積もりを取った際、内訳も確認して疑問点があれば質問してください。

一般的にディーラーは高く、チェーン店は安い傾向があります。

修理工場は安いところもあれば高いところもあります。

 

中古部品を使用する

ilm2009_02_017-s

業者に依頼するとき、「部品交換なら中古部品(もしくはOEM品)にしてください」とお願いしてみましょう。

安い部品を使うことで修理費を抑えることができます。

ディーラーは中古部品での修理に対応していないことがあります。

 

自分で直す

ilm14_bf01001-s

自分で直せば安くなります。簡単な部品の交換なら自分でできます。

ホームセンターやカー用品店で部品を購入できます。中古の部品を利用するとさらに安くなります。

傷消しも自分でできます。傷消しようのキットが販売されているのでそれを使って修理します。

修理方法はYouTubeなどで確認できます。失敗してもやり直せばよいのです。

 

まとめ

 

安さは大切ですが、仕事が雑になってはいけません。

・接客がしっかりしている

・お客様の要望に応える

・どんな修理にも対応している

・賑わっていて活気がある

これらの条件が当て嵌まる業者は丁寧な作業をしてくれます。

大きな店舗が良いとは限らないので、見た目だけで即断しないように気を付けて下さい。

ディーラーよりも修理工場が安い理由

かかりつけの民間工場を確保する

 

ilm2007_03_0101-s基本的にはディーラーに修理を依頼すると基本的には割高になりますので、「かかりつけの民間工場を確保する」のがお勧めです。

ディーラーでは全て純正部品を使用する場合が多く、会社的組織も大きいため工賃が全国規模で決まっており、値下げ交渉などの融通がききにくいからです。

民間工場では全て純正部品を使用するわけではありません。

 

修理する箇所にもよりますが、民間工場であれば純正同等品質のOEM品というものを使用し、「品質も良く価格も格段に安い」部品を使用した修理をすることもできます。

ディーラーでも可能ですがとにかく純正部品を勧めてくるため、車に知識の無い方は説明されるとそのままお願いすることが多いでしょう。

 

ゴムパッキンなどの細かい消耗品は部品代が数百円~数千円程度と安いため、純正品もOEM品も価格に大きな差はないためどちらでもいいと思います。

しかし数万からの高い部品になってくると、部品代だけで1万円以上違う場合もよくあります。

 

民間工場の良し悪しの決め方としてはいくつか訪問して見積もりをもらって見比べ、家族や知り合いに車に少し詳しい方がいらっしゃると思いますので、どこが最適な見積もりを出してくれている工場なのかを相談してみると良いでしょう。

 

同じ個所の交換や修理なのに工賃がべらぼうに高かったり、関係ないような所の修理まで妙に勧めてくるような工場は要注意です。

こちらに車の知識がないと思うと、急にあれこれ修理を勧めてくるような工場が残念ながら存在するのが事実です。

 

きちんと何のための修理で、修理するとどのような症状が治るのかを工場の方に聞いてみて、本当に必要なことかを確認した後に修理するのがベストです。

行きつけになると聞かなくても丁寧に説明をしてくれて、値引き交渉にも応じてくれるようになります。

 

修理工場に見積もりを取り、最適な金額で修理を

 

ディーラーに持ちこんでしまうと、全ての部分を交換することとなってしまい、思っていた以上に支払う金額というのは多くなってしまいます。

そのため安く修理をしたいと考えているなら、修理工場に持っていくことをお薦めします。

 

修理工場では、故障部分だけに修理を行うため、余計な部分の交換というのは一切ありません。

その分だけお金を節約できるようになりますし、修理自体もすぐに終了するため、代車を利用するようなことも殆どありません。

 

ただ修理工場を選んだとしても、修理の金額というのは決められていないため、勝手に金額を決めてもいいこととなっています。

そのため修理工場によって金額が異なり、大きな差が生まれていることもあります。

 

こうした動きを考えると、出来る限り安い業者を狙った方がいいでしょう。

そのためには見積もりを取ることが大切です。

 

この部分の修理はどれくらいで出来るのかと話をして、その相見積もりを大体でいいから取ってもらいましょう。

後はその金額に納得できるようなら、修理を依頼すればいいのです。

 

この方法を利用することによって、ディーラーよりもかなり安い金額で修理をすることが可能となります。

今まで修理をディーラーで行ってきた方は、これを機会に変更するといいでしょう。

 

また修理工場に見積もりを取るだけなら、何度でも行っていいことになっています。

そのため見積りに納得が出来ないようなら、別の所にお願いすることも考えてください。

もっと安くしたいと思っているなら、それだけ手間もかけた方がいいです。